キャッシングの契約者が亡くなってしまった場合の返済はどうなるの?

消費者金融でキャッシングしている契約者が亡くなってしまった場合どうすればいですか?返済は遺族がすることになりますか?

契約者が亡くなった場合、遺族が返済する義務はありません。

消費者金融のキャッシングサービスは基本的に無担保で借り入れできますし、保証人も必要ありません。さらに万が一のために死亡保険をかけている消費者金融がほとんどです。キャッシングサービスを契約していた本人が亡くなってしまった場合は返済の義務が保証人にあるわけではないので、まず遺族である皆さんに返済の義務が生じることはないと考えて良いでしょう。契約者の家族であるという理由で返済を要求されることはありませんから、その点については安心して大丈夫です。

むしろ返済に関して消費者金融側から返済の要求がある場合、何らかのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。遺族の皆さんに返済の義務が移行するわけではないので、もし返済の要求があった際には消費者金融の相談センターや弁護士・司法書士などの法律のプロに相談することをおすすめします。

このようにキャッシングサービスを利用していた契約者が亡くなった場合に遺族が返済する義務はありませんが、遺族の皆さんが行なうべき手続きはあります。まずキャッシングの契約者本人が亡くなったことを利用していた消費者金融に連絡を入れましょう。その後皆さんのもとに書類が届きますので、皆さんは戸籍謄本を添付した上で書類を消費者金融側に送付してください。

キャッシング契約者が亡くなった後の手続きを行なうことで、今後消費者金融側から連絡は来ることはありませんし、もちろん返済の要求をされることもありません。現在皆さんのご家族が消費者金融のキャッシングサービスを利用している場合は、万が一の場合に備えてまず連絡を入れること、そして手続きを行なうことを覚えておきましょう。

ただし、消費者金融で借りている金額が高額である場合には例外もありますので、もし不安な場合は消費者金融側に相談するか専門家に相談することを悩みを解決していきましょう。キャッシングサービスは簡単に利用できるものの、利用後に何らかのトラブルが生じるケースは少なくありません。皆さん自身がキャッシングを利用している場合のトラブルとしても、やはり返済に関するトラブルがほとんどと言って良いでしょう。今後皆さんが消費者金融と契約する際にも返済についてしっかりと考えた上でキャッシングするよう注意してくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 プロミスより早く借りれる即日キャッシング一覧【QQランキング】 All Rights Reserved.