他社での借り入れは黙っていた方がいい?

キャッシングベスト3

既に他社で借り入れがある場合は黙っていた方がいいですか?

キャッシングの契約をする時、既に他社で借り入れがある場合は黙っていた方がいいですか?それとも正直に話すべきでしょうか?

他社借り入れがあることについては正直に話しましょう。

キャッシングサービスは複数の契約が可能です。消費者金融Aと消費者金融Bで同時に借り入れすることができるため、余程の問題がない限り、複数のキャッシングで借り入れすることは認められます。しかし、複数社でキャッシングの契約をする際、既に他社で借り入れがあることを隠して契約をすることは絶対にやめておきましょう。

中には他社借り入れがあることを黙ったまま新たにキャッシングの契約をする利用者も見られますが、結果的に借り入れの有無は消費者金融側には知られてしまうものです。つまり、皆さん自身が他社での借り入れがあることを隠しても、消費者金融側にはいずれ分かってしまうことなので、隠すことなく正直に借り入れがあると伝えるようにしましょう。

これは消費者金融の店頭で契約をする場合も、インターネットを利用して契約をする場合も同様です。インターネットキャッシングを利用できる消費者金融では、申込みから借り入れまで全てインターネットを通して手続きが行なえるようになっていますが、皆さんの情報を入力する項目には現在の借り入れ金額も含まれています。既に借り入れがあるにもかかわらず、ここで0円と入力してしまうと皆さんは嘘をつくことになりますので、必ず皆さんが現在他社で借りている金額を包み隠さず入力するようにしてください。

また、他社借り入れを隠すつもりはないけれど新たにキャッシングが利用できるのか分からない・・・と悩んでいる皆さんも多いかと思います。他社での借り入れ金額にもよりますが、基本的にキャッシングサービスは複数利用ができるので、皆さんが思っている以上に簡単に契約できてしまうことも少なくありません。ただし、不安な場合はまず借り入れ前のシミュレーションを行なっておくことをおすすめします。

例えば消費者金融のプロミスでは「お借入診断」として、皆さんがこれからキャッシングを利用できるかどうかを診断してもらえるサービスを行なっています。もちろんプロミス以外でも借り入れ前のシミュレーションは行なえますので、皆さんの収入と現在の借り入れ金額から算出して、今後のキャッシングが可能かどうかを調べてみると良いでしょう。こうしたシミュレーションは安全にキャッシングサービスを利用するために必要なものです。複数のキャッシングを利用しようと考えている皆さんは特に注意しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 プロミスより早く借りれる即日キャッシング一覧【QQランキング】 All Rights Reserved.