今後のキャッシングはどうなる?プロミスと合併した「アットローン」

プロミスと合併した「アットローン」

消費者金融ではそれぞれ異なるサービスが提供されていますが、キャッシングサービスを利用できる点はどの消費者金融でも同じです。これは銀行と提携している銀行系消費者金融の場合も同様で、各会社ならではのサービスを利用することで皆さんはキャッシングを活用していくことができるようになっています。

しかし、消費者金融同士の合併なども少なくなく、皆さんがこれまで利用してきたキャッシングサービスが今まで通り利用できなくなってしまう、というケースも実際に見られるものです。ここでは銀行系消費者金融の「アットローン」を例に取って見てみることにしましょう。

アットローンは2000年に設立されたキャッシングサービスですが、2011年の4月に大手消費者金融の「プロミス」と合併されました。プロミスに吸収合併される形となり、現在はアットローンという銀行系消費者金融は存在していません。では、これまでアットローンを利用してきた皆さんは今後はどのように借り入れ・返済することができるようになるのでしょうか?

今後はプロミスの利用者としてキャッシングを

アットローンの場合はプロミスと合併したため、アットローン利用者の今後のキャッシングについてはプロミスのサービスを活用することになっています。例えば皆さんがアットローンのキャッシングサービスで借りていたお金を返済する場合には、プロミスに返済することで問題なく手続きを行なうことができます。ただ、銀行振り込みによって返済をしていた場合は振り込み先の口座がアットローンからプロミスに変更になっているため、振り込み先については十分に確認の上で返済の手続きを行なうようにしてください。

また、借り入れについてもプロミスのATMを利用することができますし、合併した後も変わらずアットローンのカードを使ってキャッシングすることが可能となっています。これまでアットローンを愛用してきた皆さんでも問題なくキャッシングできますので、借り入れ・返済については大きな問題はありません。

ただし、先ほども述べたように振り込み先は変更されていますし、キャッシングに関する問い合わせをする連絡先についても今後はアットローンではなくプロミスとなります。今後はアットローンの利用者ではなくプロミスの利用者としてキャッシングサービスを活用していきましょう。

消費者金融の経営状況もチェックして

以上のような消費者金融の合併は、アットローンとプロミスの場合に限らず今後も起こりうることです。現在皆さんが利用している消費者金融が他の消費者金融と合併する、ということも有り得ないことではありませんので、消費者金融でただキャッシングを利用するだけではなく、経営状況についてもこまめにチェックしておくことをおすすめします。

アットローンとプロミスが合併した際には利用方法の変更はあまり見られませんでしたが、場合によっては例外もあるものです。キャッシングサービスの利用方法が大きく変わることもあるため、利用している消費者金融の経営状況は皆さん自身でしっかり見ておくようにしましょう。

もし皆さんが利用してきた消費者金融に合併の話が出た時には、まずは今後も変わらずキャッシングを利用できるのかどうか確認することから始めてください。変更点がある場合はよく理解した上でキャッシングを利用していくよう心がけなければなりませんので、合併後の動向についても注意深く見ておきましょう。また合併後のキャッシング利用について何か分からないことがあれば、消費者金融側に問い合わせることもできます。不安や疑問を一つ一つ解決していくことも忘れないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 プロミスより早く借りれる即日キャッシング一覧【QQランキング】 All Rights Reserved.