消費者金融とどこが違うの?「銀行系消費者金融」のキャッシング

「銀行系消費者金融」のキャッシングって?

キャッシングサービスを利用したい場合は、消費者金融や銀行を利用することが一般的です。消費者金融でも銀行でもカードローンを中心とした便利なキャッシングサービスが利用できるようになっていますが、実は他にもキャッシングを利用できる機関があります。それが「銀行系消費者金融」です。消費者金融でありながら「銀行系」であるということで、消費者金融や銀行とはどのように違っているのでしょうか?ここからは銀行系消費者金融のキャッシングサービスについて見ていくことにしましょう。

銀行系消費者金融は、分かりやすく言うと銀行と提携している消費者金融のことを指します。例えば三井住友銀行グループの「モビット」は銀行系消費者金融の一つで、三井住友銀行と提携している消費者金融という特徴を持っています。このような銀行系消費者金融は意外に多く、皆さんが通常の消費者金融だと思って利用していた場合でも実は銀行系消費者金融だった、というケースもあります。

消費者金融との金利設定の違い

では、消費者金融のサービスと銀行系消費者金融のサービスはそれぞれどのような違いが見られるのでしょうか?大きな側面で見るとあまり違いはないように見られますが、消費者金融と銀行系消費者金融ではまず金利に差が現れています。一般的な消費者金融は金利設定が高めで、皆さんがキャッシングをする場合には高い利息を支払わなければならないことがあります。

消費者金融の中にも金利が低く利用しやすいサービスはありますが、全体的にみると金利は高めに設定されていることが特徴的です。変わって銀行系消費者金融を見てみると金利はそれほど高くなく、銀行とあまり変わらない金利でキャッシングできるサービスもあるので、消費者金融に比べて利用しやすいという特徴を持っています。

ただ銀行系消費者金融も様々ですから、銀行系消費者金融の中でも金利が低いサービスと金利が高いサービスとで分類されることになります。銀行系消費者金融を利用する場合は、消費者金融との比較だけではなく、銀行系消費者金融同士の比較も忘れないようにしておきましょう。

利用限度額の最大値にも大きな違いが

また、銀行系消費者金融は消費者金融よりも審査基準が少々厳しい傾向が見られています。キャッシングサービスの基本的な審査基準である20歳以上であること、安定した収入があることは変わりませんが、収入が極端に少ない場合などは審査に通ることができないケースもあるものです。

もちろん収入面だけではなく皆さんが実際に借りる金額も審査内容に関わってくることになりますから、皆さんはあらかじめ借り入れ金額と収入のバランスを考えておくことが大切です。収入に見合わない借り入れはできませんので、銀行系消費者金融を利用する場合にはより注意しておくようにしましょう。

その他、銀行系消費者金融は消費者金融と比較すると利用限度額の最大値が高めであることも特徴的です。消費者金融キャッシングにおける利用限度額は3000500万円ほどとなっていますが、銀行系消費者金融は銀行が提携していることもあり、5000800万円といった利用限度額であるサービスが多く見られています。

利用限度額は皆さんがキャッシングでどのくらい借りられるかという問題にも大きく関係しているポイントなので、少しでもたくさんの融資を受けたいと考えている皆さんは銀行系消費者金融を利用してみると良いでしょう。利用限度額が高くなるほど審査基準も厳しくなりがちですが、無事に審査をクリアできれば問題なくキャッシングできます。キャッシングをする際には銀行系消費者金融のサービスも一つの方法として候補に入れてみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 プロミスより早く借りれる即日キャッシング一覧【QQランキング】 All Rights Reserved.