返済の余裕はある?消費者金融以外の借り入れにはデメリットも

高額ローンにデメリットはある?

まとまったお金が必要な時に高額の融資が受けられる銀行のローンサービスの特徴は非常にメリットの高いもので、これから家を購入する皆さん、車を購入する皆さん、その他高額の資金を必要としている皆さんにとっては大きな力となってくれるサービスです。しかし、高額の融資が受けられる分だけ皆さんには返済の負担がかかりやすくなっていることもまた事実です。

家や車を購入するために融資受けられたとしても、その金額は皆さん自身でしっかりと返済していかなければならないものでもあります。ローンを組んだところで返済することはできるのか、計画性を持って完済を目指すことができるのか、返済に余裕はあるのか・・・こうしたことを考えた上で利用しなければ皆さんの負担はますます大きくなってしまいます。このような特徴は高額ローンのデメリットとしても挙げられるので、これからローンサービスを利用する皆さんは十分に気をつけておきましょう。

まずは返済の余裕があるかどうかチェック

お金を借りる方法としては一般的な消費者金融なども利用できますが、消費者金融は高額の融資を受ける際にはあまり適していません。消費者金融で利用できるキャッシングサービスは、例え利用限度額は100万単位であっても、利用者が実際に借り入れする金額は10万円に満たない数万円単位であることがほとんどです。

ちょっとした金銭不足を補うために102万円を借りる、支払い物を済ませるために5万円ほど借りるなど、10万円以上をまとめて借りるケースよりも数万円を借りて返済をする、また数万円を借りて返済をするといったケースの方が多いのです。そのため、まとまったお金が必要な場合は消費者金融ではなく銀行など消費者金融以外の借り入れ方法を利用した方が適しているのです。

特に銀行では高額のローンを組めるサービスが主に提供されていますから、家や車を購入する他、教育費用や結婚資金のためのローンなどに利用できる「フリーローン」も人気となっています。フリーローンに関しては利用目的が自由となっていることから、皆さんそれぞれでローンを組む目的を決めることができるようになっています。

ただし、この場合も重要となるのは返済の余裕です。フリーローンを組んで結婚資金を調達する、フリーローンを組んで家のリフォームをするなど使い道は自由ではありますが、実際にローンサービスを利用しても返済できなければ意味がありません。そもそもローンを組む上で返済することは利用者の義務でもあります。使い道が自由だからといって簡単に利用できるサービスではない、ということを心に留めておきましょう。

審査基準が厳しいローンサービス

また、銀行のローンサービスはこのような高額の融資を行なうことから、審査基準が厳しくなっていることもデメリットの一つとなっています。消費者金融では年齢制限を満たしていること、安定した収入があることを条件としてキャッシングサービスを利用できるようになっていますが、ローンサービス利用者のほとんどは高額の融資を受けることになります。つまり、こうした条件は最低限度の条件であるため、もし皆さんの収入が安定していたとしても場合によってはローンを組むことができないケースもあるのです。

例えば収入に対して融資を受ける金額が多い場合、収入は安定しているけれど全体的に少ない場合、職場への勤続年数が少ない場合など、ローンサービスを利用する上で何らかの問題が生じやすいと見られると審査に通りにくくなってしまいます。消費者金融でも何らかの問題があれば審査に落とされてしまいますが、銀行のローンサービスとは借り入れをする金額に大きな差があるものです。高額の融資を受けたい場合は、まず一度銀行の方へローンの相談をしてみることから始めてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 プロミスより早く借りれる即日キャッシング一覧【QQランキング】 All Rights Reserved.